借入をする時の審査

借入をする時の審査

借入をする時の審査

金融業者からお金を借りる借入。

金融業者はその人にお金を貸した場合、きちんと返済してくれるかどうか審査を行います。
審査は、申し込み者が提出した身分証明書や年収の証明書、あと申し込み書に記載されている勤め先や勤続年数などを元に、金融業者が独自に調査することをいいます。
さらに、それに加え保証機関に問い合わせて、過去にローンの延滞や滞納などがないかを調べ、申し込み者の返済能力の有無を判定します。

 

審査の基準は金融業者によって異なりますが、一般的に銀行の審査は基準が高く、なかなか通らないと言われています。
銀行では、審査項目が他の金融業者よりも多く、携帯電話の月々の支払いもチェックしたりするため、携帯電話の使用料の支払いが遅れたりしたことがある人は、審査は通らない場合があります。

 

審査の基準が低い金融業者は消費者金融で、消費者金融は保証機関に名前がないことが確認できて、そしてアルバイトでもパートでも、とにかく一定の収入があれば、返済能力があるとして、融資を行います。
以前は、審査が甘い分、金利が高かったのですが、利息制限法が制定されてからは、法定内の金利を設定しているところがほとんどです。
中には、銀行グループになった消費者金融もあり、低金利で融資を行っているところも増えています。